コラム:34.生活観をちょっとだけ見せる裏技

mstyle TOP > アイデアコラム一覧 > コラム:34.生活観をちょっとだけ見せる裏技

コラム:34.生活観をちょっとだけ見せる裏技

何度か、このブログでお話をさせていただいてますが、
モデルハウスって、
「夢を見てもらうところ…」だと思います。
でも、遠い夢ではだめなのです。
今の自分の生活では無理だけど、
「一戸建ての素敵な住宅を建築したら、叶うかもしれない夢…」
そのぐらいの夢を演出するのがちょうどいいと思っています。

何百万もするペルシャ絨毯がひいてあっても、
夢にはなりません。
完全オーダーメイドの高級システムキッチンも
「は~」とため息は出るでしょうが、現実感はありません。
普通に買えそうなレベルのものより、ちょっとだけおしゃれに
してあげれば十分だと思うのです。
かといって、あまりにも、現実的なものばかりでは、
夢は演出できません。
ちょっと、無理して手に入れられる…そんな世界観を演出してください。

ちょっと、裏技なんですが、
たとえばキッチンに、食器用洗剤を置くとします。
生活観が出るから…と置かないモデルハウスが多いのですが、
これは置いたほうがいいです。
スポンジやハンドソープなども。
生活を想像できた方が、いいと思うのです。
でも、その辺で買ってきた洗剤のボトルをそのまま置いては
まったくおしゃれじゃありません。
ちょっとおしゃれなソープディスペンサーなどに、
詰め替えて飾ってあげてください。
ただ、こういう小物って意外と選ぶの難しいんです。
いくら素敵なボトルでも、住宅のテイストに合わないと
なんかかえって なのです。
もし、自信がない場合の裏技。

外国製の商品をそのまま置いてみてください!
大きなホームセンターなどにおいています。
アメリカ製のIVORY(アイボリー)とか、キッチン洗剤も、
ハンドソープもあります。
洗濯機周りに置く、衣料用洗剤や、柔軟材などもおしゃれな
パッケージのものが売っています。
ナチュラルテイストの住宅にも、
シンプルモダンテイストの住宅にもどちらにも合うと思います。
(純和風住宅には合いませんが…あしからず)

気取りすぎず…でもかなりおしゃれ!
お勧めです。お試しくださいね。


>>コラムの一覧へ戻る