コラム:03.たとえばスリッパ

mstyle TOP > アイデアコラム一覧 > コラム:03.たとえばスリッパ

コラム:03.たとえばスリッパ

モデルハウスの玄関に入って、
「さあ、どうぞ。おあがりください」
とスリッパを出される・・・。

このスリッパ、結構ポイントです。

全然気にしません!っていうお客様もいるとは思いますが、
女性客は見ています。

毎回新しいものが出されるわけではないのはわかってますので、
「誰か知らない人の履いた後」です。
そういうものってわかっているから
もちろん黙って履いてくれますが、
やっぱり、
よれ~としてたり、
毛羽立っていたり、
ちょっと黒ずんでいたりしたら、
その時点で、かなりのマイナスポイント。
なんか気持ち悪くて、その後の説明とか
あんまり聞きたくなくなってしまいます。

少しもったいないように思う気もしますが、
できるだけこまめに新しいものに変えていったほうがいいでしょう。

どんなスリッパを用意するかですが、
こまめに交換することを考えると
あんまり高価なものは必要ないと思います。
でも、いかにも100円!みたいなモノはやめましょう。
販売している住宅まで安っぽく見えてしまいます。

400円~800円くらいもので充分でしょう。
もちろん、販売している住宅が坪80万とか100万とかの
ラインなら、もう少し高級なモノの方がいいかもしれません。

おすすめは、シンプルな無地。
スリッパに自己主張させないことが重要です。

通常のナチュラルなインテリアでコーディネートされた住宅なら、
ベージュやモスグリーンなどの色合いがいいでしょう。
モダン系のインテリアなら、やはりモノトーンで。

絶対にやめて欲しいのが、目立ちすぎる色、主張しすぎる柄モノなど。
たかがスリッパなのですが、
そのスリッパがあるだけでその空間が壊れてしまうこともあるのです。

プロに選んでもらう場合は別ですが、
もしあまりインテリアに自信のない方が選ぶ場合は、
シンプルにした方が無難です。

モデルハウスにあるものの全てが
   そのモデルハウスを構成している!


素敵なモデルハウスを台無しにしてしまっている「何か」が
あるかもしれません。


>>コラムの一覧へ戻る