コラム:17.見込み客へのお礼状。何で出しますか?

mstyle TOP > アイデアコラム一覧 > コラム:17.見込み客へのお礼状。何で出しますか?

コラム:17.見込み客へのお礼状。何で出しますか?

お礼状。
申込時や、契約時はもちろんですが
モデルハウスや見学会へ来場されたお客様へも
今は、みなさんお礼状を出しますよね。

今回はこの見込み客へのお礼状のお話です。

どんな文面がお客様の心を惹くか・・・は、
様々な住宅営業の著書で書かれています。
ちょっとした言葉の使い方で、
お客様の心を開かせるアイデアがいろいろあります。
ぜひ、いろんな方の著書を参考に
独自のスタイルを作っていただきたいと思います。

さて、私がここで提案したいのは、
何でお礼状を出すかです。

せっかく心を込めて書いたお礼状ですから、
何で出すかにもこだわっていただきたいのです。

会社の封筒でも決して悪くはないでしょう。
でも、それでは普通。
ほとんどの会社は、会社の封筒でお手紙を出しているでしょう。
だからこそ、ちょっとだけおしゃれに決めて欲しいのです。

おすすめは、ずばりポストカード。

市販のものでいいのです。
家の写真はいらないのです。
ちょっとおしゃれな、カフェの雑貨とか、外国のインテリアとか、
写真として飾っておいてもいいようなポストカードに、
心を込めた文章を丁寧に手書きで書いてあげてください。

もちろん、会社名を書くのを忘れないでくださいね。
個人から来たのでは怪しいです(笑)。

長文のお手紙を出したいときは、ポストカードでは書ききれない!
ということもあるかもしれません。
でも、市販のレターセットは使わないほうが無難です。
なぜなら、開封しないと何が書いてあるかわからないから・・・。
会社の封筒だと全く気にならないのに、封筒が市販のものだと
おしゃれを通り越して、ちょっと怪しくなってしまうのです。
ポストカードの場合は「?」と思っても、すぐ裏面を見れば、
「なーんだ。この前言った○○ホームさんね」ってわかります。

・・・どうしても長文で出したい・・・。
そうですね、その場合は、
透明の封筒に社名をしっかり印字したシールを貼って
(シートのようなものを中に入れてもGOODです)、
中のお手紙をおしゃれな用紙で包んで封筒に入れてみてはいかがでしょう。
封筒の場合、自社名は印字してください。(←これ結構ポイントです)
これで怪しさはなくなります。

ちょっとの工夫で、おしゃれになります。
「センスあるね。この会社!」
小さいところでいかにおしゃれに見せるか。
次からの営業が楽になりますよ!


>>コラムの一覧へ戻る